ライフスタイル

3日坊主でOK!行動力のある人は『習慣化』できる/腕立て伏せチャレンジ8日目

腕立て伏せチャレンジを始めてから今日で8日目です。

まだ始めたばかりですが、1点だけお伝えしたい。

コレ、習慣化できます(多分)。

今まで昔の自分と比べるのが嫌で手を出さなかった腕立て伏せですが、やり始めてからストレスなく継続できています。

 

『腕立て伏せチャレンジ』を始めました!目標は1日1回「小さな積み重ね」で夢を叶えるこんにちは。ぷ~すけです。 【ウォーキング1日1時間】に続く次のチャレンジを決めました。 『腕立て伏せチャレンジ』です。 ...

 

前回のおさらいです。

習慣化するためには1日のノルマを最弱にして、毎日続ける事を最優先

意思が弱い筆者は【1日1回で良い】と、自分に甘々なルールを設定しました。

自分に厳しい人なら高い目標を設定すると思いますが、ドラクエの『はぐれメタル』のように臆病で自信のない筆者にはこのルールの方がやる気がでます。

今回のチャレンジで実感していること。

やりたくない事を正攻法で毎日継続するのは難易度が高い

苦手なことをどうしてもいなければいけない時、つい後回しにしたくなりますよね?

どうしても最初の一歩が出なくて、時間だけがどんどん経過していきます。

心と身体が充実していて、前向きな気持ちの時はさほど気にならなくても、浮き沈みがあるのが心と体です。

どうしてもやりたくない事だってあります。

そして、自分で「やる」と決めたことに対して「やらなかった」場合の敗北感は半端ないですよね。

「ああ、やっぱり自分は意思が弱いんだ」

「自分で決めた事すらできないんじゃ、どうしようもないな」

 

筆者は「3日坊主マスター」なのでこの気持ちがよく分かります。

幾度となく、敗北感を味わってきました。

なんども懲りずにチャレンジするのですが、その度に失敗と挫折の繰り返しです。

これって考えたら当たり前なんです。つまり

「同じやり方で挑むから結果も同じ」

ということです。

「頭を一切使わなかったから、毎回挫折してきた」という典型ですね笑

こうして精神論・根性論だけでは限界がある事がようやく分かり、必要なのは

【習慣化すること】

だったんだと今更ですが悟りました。

 

今回、【腕立て伏せチャレンジ】が習慣化できそうな手応えを感じています。

【継続は力なり】

【毎日コツコツ続けることが、とんでもない偉業を成し遂げる唯一の道】

先人たちが残してくれた言葉の意味を噛みしめる日が待ち遠しいです。

 

腕立て伏せを習慣にするため、次の2つのケースを比べてみました。

・【ケース1】30日間で1日だけやるのを忘れた。それ以外は毎回50回やった。

・【ケース2】1日も休むことなくやった。回数は毎日10回やった。

両者を比較した場合、後者の方が価値があります。

しつこく言わせて頂くと、習慣化するには「毎日やること」が重要で、その他のことは二の次です。

自分の限界の回数まで頑張ると、翌日も限界まで頑張らないといけない気になります。

習慣化ができていないうちから「毎日自分の限界に挑戦!」みたいになってしまいます。

1日休んだ事実があると尚更「また休んじゃおっかな」という甘い誘惑と戦わなければいけません。

結局、難易度の高い精神論根性論にもちこまれます。

頑張りすぎた翌日は黄色信号

習慣化するには一般的に30日間続けることが必要と言われています。

回数のことはまず後回しにして、習慣化のために30戦30勝をやり遂げましょう。

「やらずにはいられない」

こういう精神状態になった時が「習慣化した」サインです。

「習慣化」したら、回数を増やすという次のステップに取り組めます。

習慣化に成功したら、自分が積み上げた実績と『習慣化するのに効果のある方法』として改めてお伝えできたらと思います。