ライフスタイル

社会人の1日の平均学習時間は『6分』チャンスと考えて行動した人は欲しい成果が手に入る

こんいちは。ぷ~すけです。

色んなメディアで取り上げられているので、既にご存じの方も多いと思います。

今回のテーマは

『社会人の平均学習時間が1日6分』

という内容です。

これは、平成28年の社会生活基本調査で明らかになりました。

「1日6分」の中身を考えましたが、勉強する人が1日6分だけということはまずないでしょうから、この調査では

勉強しない人は全くしないけど、勉強する人は何時間もする》

という、完全に二極化の状況が生まれていると推測できます。

 

社会人が勉強する理由は何か?

勉強する理由

金銭問題や人間関係の問題など人生のあらゆる問題を解決するため

【勉強する】することでお金の稼ぎ方が分かれば、経済的なゆとりが生まれます。

また、コミュニケーション術を学べば、対人関係が楽になったりもします。

それらの結果

「生活の質がどんどん上がっていく」

ということが言えそうですね。これはとても嬉しい事です。

でも、それならもっと多くの人が勉強してても良さそうです。

なぜ勉強しない人が多いのでしょう?

 

なぜ社会人は勉強をしないのか?

 

《社会人が勉強しない理由》

・仕事で疲れて勉強する気力がない。

・仕事で多くの時間を割かれてしまい時間がとれない。

・勉強はつまらない、辛い。

といったところでしょうか。

この理由もわかりますね。

毎日、本業で心身共に疲れて返って帰宅するんです。

そこから机に向かって、好きでもない勉強をするのは確かに辛い作業かもしれません。

 

勉強する人としない人の違い

勉強する人としない人の違いは何でしょうか?

勉強しない人は

「今が良ければそれでいい」

という刹那主義に陥っている気がします。

今、勉強せず楽な方を選んだら、その先に明るい未来はあるのでしょうか?

筆者の話になりますが…

現在40代半ばの取り柄もない中年オヤジです。

社会人になった当初

ようやく嫌いな勉強から解放された

と思って全く勉強しなくなりました。

仕事で稼いだお金も、パチンコや交際費といった今、自分がしたい事ばかりにお金を使っていたのです。

「勉強しない」=「進歩がない」

仕事を覚えると余裕がでてきて緊張感がなくなり、淡々と仕事をこなすだけの日々でした。

仕事でも私生活でも充実感を得ることなく、何度か転職した先に入社した会社がブラック企業でした。

そこで精神が崩壊する寸前まで追い込まれ、多くのものを失うことになります。

 

社会人からの勉強で周りと差がつく

「たられば」の話をしても仕方はないのですが、もし筆者が社会人になっても勉強していれば、人生は変わっていたでしょう。

国家資格を取って就業先の選択が広がり、ブラック企業にも行かなかったハズです。

勉強し成長し続ける自分をどんどん好きになっていったでしょう。

今の自分は「勉強しない」という選択をした結果です。

気付いたのは40歳を過ぎた頃。そこから行動しました。

5ヶ所目の職場で筆者は変わりました。

《本業しながら勉強をした成果》

1年目:マインドセットを習得して前任者を上回る成果を上げる。

2年目:資格試験の勉強をし国家資格を取得(年収大幅アップ)。

3年目:年々会社の利益を増大し会社トップから「右腕」と評価される

このように順調に結果を残すことができました。

 

おわりに

そうは言っても

「勉強は辛いしやりたくない。」

という方もいるでしょう。

それでもあえて言わせて頂きます。

何の取り柄もない40代の底辺オヤジでも、コツコツ勉強を続けていたらそれなりに成果を上げることができました。

つまり…

20代30代の若者ができないハズがない。

と思います。

特に自分に自信の無い人や、やりがいが見付からない人にこそ勉強して欲しいと思います。

なにせ、「1日6分」が社会人の平均学習時間なのです。

楽勝で超えられますよ?

40代中年オヤジも、まだまだ成功したいのでもっと頑張ります。

一緒に頑張りましょう。

筆者の今の目標は

①ブログ100記事突破!(注意:3/23現在で482記事です)

②ブログで本業以上の収益を出す!(注意:邁進中です)

皆さんの目標は何ですか?

「やりたい事が見付からない人」は時間を無駄にする/『稼ぐ力』と『体力』を見につけよう「毎日の生活に張り合いがない」「毎日がつまんない」 こんな事ばかり考えている人はいませんか? たしかに、不満ばかりを口にして...