40代の悩み・生き方

【婚活】結婚相談所に登録して40代バツイチ女性が結婚した話/本気で結婚したい方へ

本気で結婚したい方に読んで頂きたい記事です。

この記事を目にして下さった方は20代?それとも30代でしょうか?

特に女性の場合、いくら美人であっても年齢的に40台後半になると『婚活』のハードルは一気に上がります。

ましてや美人でもない私の場合、そのハードルはもっと高くなります。

今回は、タイトルの通り『40代バツイチ』の私が【結婚相談所】に登録して結婚できた話をご紹介したいと思います。

結婚相談所に登録するきっかけとなった『事実婚の彼との別れ』

私は過去に一度離婚をしています。相当に大変な思いもしたので

「もう結婚にはこだわらない」

と考えるようになりました。

同じような考えをもっていた男性と親しくなり交際を始めて、気付けば10年以上の同棲生活を送っていました。

仕事を終えて家に帰れば彼がいる、そんな当たり前の生活がこの先もずっと続くと疑いませんでした。

ところが、何の前触れも無くその日はやってきました。

突然、彼から別れを告げられたんです。

いくら理由を聞いても彼は答えてくれませんでした。

そしてその数日後、言葉の通り本当に彼は出て行ってしまいました。

「なぜ?」

「どうして?」

…ショックでした。

数ヶ月経っても気持ちの整理がつかず、何をする気も起きないまま無為な日々が続きました。

「こんなことではいけない」

「新しい出会いを見つけよう」

時間の経過と共に、少しずつ前向きに考えるようになりました。

考え方の変化『事実婚で良い』から『結婚したい』へ

別れを告げてきたその彼とは「結婚はしなくても良いよね」

とお互いが考えて、事実婚を選択していました。

しかし10年以上続いた関係が何の前触れもなく解消された事で、【事実婚】を良しとする考えを改めたいと思いました。

別れた彼とはドキドキする関係では既になかったけれど、ありふれた日常は幸せでしたしずっと続くと思っていました。

今回、その関係の危うさを身をもって体験した私は

「結婚したい」

【もう一度人生をやり直したい」

と強く思うようになりました。

ただ私には拭いきれない不安が1つありました。

10年以上も事実婚の彼がいたので、全く一から新しい恋愛をする勇気がなかったのです。

「男性から拒否されるのはもう嫌!」

年齢が40歳を超えて、しかもバツイチの自分を見てくれる男性はいないのではないか?

考え始めると悪い方ばかり考えてしまいます。

そして怒られるかもしれませんが、こんな状況でも「男性なら誰でも良い」という訳ではありませんでした。

「少しでも自分を大事にしてくれそうな彼氏を見つけたい」

そんな思いで色々と情報を集めた結果、『結婚相談所』に登録してみることにしました。

↓  ↓  ↓  ↓



数多く存在する【婚活】の中で『結婚相談所』を選んだ理由

数多く存在する【婚活】の中で、私が『結婚相談所】を選んだ理由としてはネットで調べていくうちに

『30~40代の恋愛経験の少ない方へのサポート』

というフレーズが最初に目に止まったからです。

10年以上も恋愛をしてこなかった私には細かなアドバイスやサポートがないときっとうまくいかないと感じたので、これらの支援体制は私には心強く感じました。

《主な特徴》

・6万人もの会員の中からふさわしい相手を見つける。

・その人の見た目の印象をアップするために、髪型や服装などその人の魅力を120%引き出すコーディネートをサポート。

・交際後のLINEの返し方をアドバイス。

・お見合いの申し込みは回数制限なし。

正直に言うと、登録には少し勇気が必要でした。

この手の業者に登録するのは初めてだったからです。

ですが、いざ登録してみると思ったよりも手続きはスムーズです。

登録してしまえば、あとは行動あるのみでした。

『結婚相談所』に登録したら一番好みの男性から返事が!

「せっかく登録したからには少しでも多くの男性から選びたい」

という思いがあったので、人気の高そうな男性の経歴をたくさん見ました。

そして、ダメ元で気に入った男性にはすぐに連絡を取るようにしました。

最初はドキドキしましたが、1度やるともう慣れてしまいます(笑)

すると、そのうちの一人(なんと第一希望の男性でした!)から返事が来たんです。

「こんな簡単にうまくいくの?」

と声に出てしまう位まさかの展開でした。

彼は年齢が50歳台ということで私とは離れていましたが、

1.【一流大学卒業】

2.【収入が平均以上】

3.【外見が好み】

と嬉しいことに私にとって良い条件が揃っている人でした。

【結婚相談所】の基本的なスタイルは、お互いの経歴を理解した上で会う形です。

若い方の中には「スリルが無い」と揶揄する人もいますが、私にとってスリルは優先事項ではありません。



20代なら「どんな人だろう?」と相手の事を知らないまま会うのもスリルがあって良いでしょう。

好みの相手がいなければ『次の機会』が何度もある訳ですから。

ですが、40代ともなると無駄な時間は極力避けたい人は多いハズです。

年齢が異なれば残された時間も違うので、感覚が異なるのも当然かと思います。

『結婚相談所』に登録して初めてのデートから結婚へ

いよいよ、事前に条件面が揃っていた彼との初めてのデートです。

プロフィールだけでは彼の細かな事までは分かりません。

【結婚前提】で考えていましたので、相手の「食事の好み」「家族の事」など会った時にすべて聞きたいと思っていました。

それは彼も同じだったようで、お互いに知りたいことを思うままに聞くことができました。

「遊び」で付き合う訳でなく、【結婚】を前提としてのリサーチですから恥ずかしさや躊躇はありません。

結婚相談所を介して出会った=結婚前提のお付き合い

何度かデートを重ねることで、肉体的にも相性が悪く無いことを確認出来ました。

私の持論ですが『食事』『身体』の相性が悪ければ、その関係は長続きしないと思います。

その後の彼は、自分のマンションへ帰るよりも私の家に泊まる日が多くなりました。

そして約1年間の同棲期間を経て、私はとうとう私が選んだ彼と入籍をすることができました。

『結婚相談所』のデメリットは費用が割高なこと

『結婚相談所』は私のように残された時間が少ない人間にとっては、とても便利なシステムだと思います。

一方で、公平にデメリットもお伝えしたいと思います。

それは費用が割高なことです。

『結婚相談所』は登録が無料でも、「デートの申し込み」「デート」「交際」「成婚」という流れの中でどうしても費用はかさんできます

【婚活パーティー】などと比べてるのでしょうが、「そんなに高いの!?」と成婚できた私に興味本位で聞いてきた知人が驚いたことがあります。

登録して成婚までにかかった日数などによっても費用は異なるので、不安な方は料金システムを事前によく確認されることをお勧めします

費用面はとっても重要な事なので「ここまで払う価値はない」と思った方は手を出さない方が賢明です。

「話だけでも聞いてみよう」という行動力も大切

一方で、初めから費用の心配ばかりして怖がっていると、成功するかもしれないのにチャンスを逃してしまうのも事実です。

「まずは話だけでも聞いてみよう」

という行動力も大事なことだと思います。

私はたまたま成功したから言う訳ではありませんが、『結婚相談所』は高額な分、無駄な時間は大幅に避けれますし非情に効率的なシステムです。

「自分の力で最初から最後までやる」と言えば聞こえは良いかもしれませんが、自分よりもノウハウをたくさん持っている組織の力を借りるのは何も恥ずべき事ではありません。

むしろ世の中の難題を全て自分1人で解決しようと考えたら、人生何百年あっても足りないのではないでしょうか?

目的達成のためには、「詳しい人に教えを請う」姿勢が大事だと思います。

『結婚相談所』は結婚を「本気」で考えている人が多い

ここからは『結婚相談所』を選ぶメリットになります。

【婚活パーティー】の場合、冷やかしの参加者サクラ(私の知人もやっていたので一部存在します)もいますので、仮にカップルが成立しても成婚率は高くありません

理想の男性と出会えて交際したのに、相手は「暇つぶし」のつもりだったという話も実際に聞きました。

また、職場の同僚が「婚活パーティー」に行った後で「良い人がいなかった」と嘆いた事があります。

相手の情報が「ほぼO」の状況で参加すると、会場に行ってからエントリーシート等で情報を交換するので、こんな事は当たり前に起こります。

彼女はまだ20代なので遊び感覚で参加したのかもしれませんが、私には年齢的に時間の余裕はありません。

『結婚相談所』の場合は、それなりに費用がかかる分、遊び半分な人はまずいません。

数万人の登録者の中から自分にふさわしい相手を、いくつものステップを踏んで真剣に選んでいくのです。

私が出会えた人(今の夫)も、「これが最後のチャンスだと思った」と当時を振り返って口にします。

大事な事なので繰り返しますが、『結婚相談所』を利用するのは「婚活」の1つの手段でしかありません。

他にもその人に合った方法はたくさんあるでしょう。

『結婚相談所』は遊びやスリルではなく、本気で結婚を目指している人に私が一番オススメしたい方法です。

私は今、幸せです。