スポーツと運動

【元ラガーマン】の有名人/意外なあの人も!?「林修先生」「舘ひろし」など

2019ラグビーワールドカップがいよいよ始まりますね!

ラグビーのルールを詳しく知らない人でも、試合を見れば楽しめるのがラグビーの魅力だと思います。

各業界でそれぞれ活躍している有名人の中にも、元ラガーマンだった人がたくさんいます。

もちろん全員は無理ですが、何人かご紹介してみようと思います。

元ラガーマン:林修(予備校講師)

 

皆さんご存じかと思いますが、「今でしょ!!」の方ですね。

体重が100㎏あった高校時代にラグビー部に所属していたようです。

「選手としては活躍できなかった」とご本人が振り返っている通り、「視力が低く太っていて足も遅かった」そうです。

ラグビーは高校デビューだったそうで、練習についていくだけでも大変だったでしょうね。

元ラガーマン:橋本徹(元大阪府知事)

中学から高校までラグビーをされていたそうです。

高校生の頃は「花園」に出場経験があり、当時の対戦相手はあの名門『伏見工』。

しかも「あと一歩」という所まで相手を追い詰めたそうです。

かなりの強豪校で活躍されたようです。

ご本人が「ラグビーをやって、マイナスのことなんて1つもなかった

と振り返っています。

元ラガーマン:小澤征爾(指揮者)

あの「世界のオザワ」も元ラガーマンです。

幼少の頃からピアノの英才教育を受けていたものの、母親の反対を押し切ってラグビー部に入部しました。

試合中に指を骨折しピアノを諦めたことが、指揮者として「世界のオザワ」に昇り詰めた原点になったようです。

後になって同氏は「ラグビーからコミュニケーション・スキルを学んだ」と語っていたそうです。

ラグビーの経験が、指揮者にも通じることがあったなんて、人生は何があるか本当に分からないですね。

 

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

元ラガーマン:舘ひろし(俳優)

同氏も元ラガーマンです。高校時代にキャプテンでした。

今でもラグビーへの情熱は変らず、今回【2019ラグビーワールドカップ】PRキャプテンに就任しました。

それと同時にTwitterを開設し、ラグビーへの熱い情熱と深い知識を惜しげもなく披露しています。

元ラガーマン:森喜朗(元総理大臣)

子供の頃から早大ラグビー部に入部するのが夢だったようです。

体調を崩してすぐに退部したものの、ラグビーへの想いは政界に入ってからも目立ってましたね。

日本ラグビー協会の名誉会長でしたが、今年の4月に自ら辞任しました。

元ラガーマン:ケンドーコバヤシ(芸人)

同氏も元ラガーマンで、高校時代にラグビー部の主将を務めたこともあります。

【2019ラグビーワールドカップ】の開幕が近くなると、『ラグビー芸人』枠でイベントに参加してました。

会見で記者からラグビーの魅力を聞かれた際に

フィジカル、テクニック、全てが求められるけど、一番認められるのは勇気のあるヤツ

と普通に答えていました。

ギャグもなく真面目に回答していたことに、ラグビーへの真摯な気持ちを垣間見た気がします。