ブラック企業

【ブラック企業での実体験】洗脳される前に辞める行動を!/退職が長引くほどリスクが増大

こんにちは。ブラック介護施設で5年間はたらいた『ぷ~すけ』です。

過去記事で、ブラック企業の【理不尽さ】や【正しい辞め方】などについて書いてきました。

筆者自身が5年間ものあいだ辛い日々を過ごしてきただけに、未だ辞めたいけど辞めれない人達がいることに悲しい気持ちになります。

「辞めたいけど辞めれない」

どうしたら辞めれるんだろう?

一緒に考えてききませんか?

辞めるには粛々と「退職届」を出すこと

辞めたいけど辞めれない人へのアドバイスはズバリ!

退職届を出すことです。

期待外れの答えでガッカリされたかもしれません。

ですが本当にコレに尽きます。

「そんなことしたら上司からどんな嫌がらせ受けるか…」

とネガティブに考えるかもしれませんが、退職した場合の幸福感を想像してみて下さい。

あなたを毎日苦しめている上司や社長、その会社内の環境そのものがあなたの寿命を縮めていると言っても過言ではないはずです。

そんな「現代の強制労働所」みたいな場所から1日も早く抜け出さない限りは日の目を見ることはありません。

少なくともブラック企業を辞めない理由がないことが、理解できるハズです。

筆者は辞めて大正解でした。

『ブラック企業社長の名言5選』元社員が体験したパワハラ発言を紹介しますブラック企業の元社員が実際にブラック社長から言われた名言をご紹介しています。この話、信じられますか?...

「退職届」は最初の1発目で受理させる

筆者は、入社して最初の1年目には既に辞めたい気持ちが固まっていました。

その後、「退職願」「退職届」と何度か提出し、その度に社長にはねつけられました。

最後には退職を認めさせましたが、辞めるまで5年間もかかったことは今でも後悔しています。

「後悔」という言葉は後ろ向きの言い方なので好きではないのですが、5年の歳月はあまりにも長すぎます…。

退職を決意したら絶対に!必ず1発目で決めて下さい!

あなたがこれまで受けてきた苦痛とこれから受けるであろう苦悩は甚大なものと思います。

それに比べたら【退職届を提出する】ことで受けるストレスなんて微々たるものです。

だからこそ1日でも早く退職の意思表示をして欲しいのです。

「退職願なんていつでも出せる」

「もう少しやってみてから考えたって良い」

と言う人もいるかもしれません。

もっともらしい意見ですが、筆者は退職の意思表示を後回しにして辞めにくくなりました。

理由は2つです。

・「辞めるのは正しくない」と思い始める(洗脳)。

・心身共に疲弊してしまい辞める気力や体力が奪われる。

退職を伸ばすことで会社側の「洗脳」が強まる

筆者の経験を踏まえて事実を説明します。

会社にいると上司など目上の人もいて、独特な雰囲気があり自分の考えや主張は言いにくいものです。

特にブラック企業には社員に対し

「安い賃金で休みなく奴隷のように働いて欲しい」

というのが本音です。

会社にとって都合の良い人材を育てるために、会社側は様々なやり方で社員を教育(洗脳)してきます。

筆者の場合はまず、サービス残業休日出勤を社員の義務のように教育されました。

さらに社長が脅迫や暴力を用いて会社への忠誠を迫ってきたり、筆者に人格を否定する言葉を浴びせ続け自信を喪失させてから

「俺の言う通りにすればお前は成長できる!」

と筆者に信じ込ませようとしました。

社長や上司がその権力を最大限に発揮できる会社内で毎日コレをやり続けたら…。

大抵の人間は落ちます

言われた言葉に対して、最初感じた「違和感」も徐々に薄らいでいき、しまいには

「何の取り柄もない俺が、転職してもうまくいくハズはない」

「社長の言う通りに行動して、ここで認められるまで頑張ろう」

と考えるようになってしまうのです。

本心では分かってるんですよね。自分の考えが間違っていることが。

自分の本心ではなく、会社の都合の良いように思わされているのです。

ただ逃げて事を荒立てることを避けたいだけなんです。

それほど辞めるには大きなエネルギーを使うと言えるのかもしれません。

だから無理矢理に自分を納得させるために社長の使った言葉に乗っかったんです。

ただし、そこには自分の人格はなくなっています。

自分の気持ちに嘘をついている状況です。

この状況は心も体も凄く消耗します。

抽象的な言い方かもしれませんが、自分が自分でなくなってしまうような…

もう自分の頭では何も考えられなくなってしまうような、ただ会社の言いなりになる人生です。

あのまま辞めなかったら他人の人生を歩むことになっていた。

今でも時々、思います。

「あのまま辞めなかったら、どうなってたかな」

はっきりしているのは、決して筆者が望んでいない結末を迎えていたでしょう。

良い結果など期待できるハズもなく、今ではただただ「辞めて良かった」と思うばかりです。

新しい職場は、年収も人間関係も全てがブラック企業とは比較にならないほど恵まれています。

「辞めたいけど辞めれない」

そうお考えの方がいたとすれば、それは思い込みです。

「退職願い」を粛々と提出しましょう。

その際、上司や社長から何を言われようが感情に蓋をして無視すれば良いんです。

どうしても、自分では言えない、できない…

という時は『退職代行』という選択もあります。

今の時代は、無理をして心を削ってまで自分が退職の意思表示をしなくとも済みます。

『労働局』に相談することもできますし、弁護士に相談することもできます。

きっと辞めれます。

どうしても自分で出せない方はコチラ/相談無料