未分類

『借金の返し方』350万円あった借金を完済した話

筆者は過去に借金がありました。

節約したり仕事を増やしたりしてコツコツと返済し続け、30歳半ばでなんとか完済することができました。

今回は友人の話です。

彼は最大で350万円という筆者よりも多額の負債を抱えながら先日ついに完済したと聞いたので、興味がありどうやって返済したのか聞いてきました。

350万円の借金をつくった理由

そもそも、なぜ350万円も借金したのか?

もともと、年収はそれほど高くないのに彼は金遣いが荒い方でした。

「稼いだ分を使う」

という印象は以前からあったのですが、社会人になってからどんどん拍車がかって、

「稼いだ分以上に使う」

という状況が当たり前になっていたそうです。

物欲にも弱く、酒代や車代、食事代と何にでも不相応なお金をかけていました。

毎月の給与は2週間ほどでなくなり、その後は節約するでもなくキャッシングクレジットなどで負債を増やしていたそうです。

借金も100万円を超えたあたりから、数字が大きくなり過ぎて借りている感覚が薄くなっていたようです。

350万円の借金の返し方

まず、彼は1人では返済する術がないと理解して、ファイナンシャルプランナーに相談に行きました。

「最初に状況整理からしましょう」

と言うことで、借入状況がどのようになっているのかを正確に掴むことから始めました。

各ローン会社などの借入残高、最低返済金額、金利についてノートにまとめる作業です。

次に、毎月の支出の把握と整理です。

家計簿の作成で毎月の支出を管理する

家計簿の作成によって、支出の多い分類がどこにあるのかを確認したそうです。

地味でありふれた手法かもしれませんが、彼曰く

「効果は絶大!」

だったそうです。

元来、お金の管理に大雑把だったので、家計簿の作成によって無意識に使っていたお金がいかに多かったか自分で理解し、これまでのいい加減な金銭管理を後悔したそうです。

支出管理はやはり大事です。

筆者も毎日コンビニに通うほど常連でしたが、ほぼ行かなくなりました。

毎月いくら使っているか金額を確かめた事で、「不要な出費」と自分で認識できたからです。

数字で見せられると、すごい説得力ですよね。

「コンビニで1万円も使うなら、他の事に使えるじゃん!」って。

例えば、毎日100円のジュースを1本買っていたとすると、これだけで1か月で3000円になります。

このような日銭が積み重なると大きな金額になるんですよね。

次のスッテプは、返済用のお金がある程度、用意できたらどの会社から返した方が効率的なのかを決めます。

まずは、借り入れ金額に対して金利の高いローン会社から集中的に返済します。

また、繰り上げ返済などを使用しながら、少しでも金利を支払う期間を減らすように計画を立てて返済をするようにします。

この辺りはファイナンシャルプランナーでないと1人だけでは荷が重い作業だと思います。

彼が自分で何とかしようと考えたら、手間が大きくて挫折したかもしれません。

1番初めに事の重大さに気付いて、傷口が更に広がる前に専門家に相談したことが良い結果に繋がったと感じました。

最後に、おまとめローンの使用です。

複数社から借金していたので、ローン会社を1本に集約するようにしたのです。

筆者も似たような状況でした。聞けば聞くほど多重債務で苦しんでいた当時を思い出します。

ちなみにおまとめローンをする会社によっては、逆にまとめることによって金利が増えたり返済金額が増えたりする可能性があるので注意が必要です。

計画的及び重点的にローンを少なくするように進める必要があります。

結果的に彼は、約5年間で350万円ものお金を無事に完済したそうです。

これまでの自堕落な生活(失礼)と比べるとすごい進歩です。

彼から話を聞いたのは2人のお気に入りの居酒屋でした。

お互いの返済に追われた当時の話をしながら、借金を完済した彼のスッキリした顔を見て飲んだお酒は美味しかったです。

「もう簡単にローンは組まない!」

と言っていました。

お金は借りるのは簡単ですが、返済するのは利息もあり何倍も大変です。

今後は計画的にお金を使って行こうと話しながらこの日は別れました。