スポーツ

『オフロードパス』に見た日本の強さの源は「圧倒的な練習量」/ラグビーW杯

10/13の【日本VSスコットランド戦】は興奮しました!

きっと多くの方が現地、またはお茶の間のテレビの前で夢中になって日本を応援していたのではないでしょうか?

まさに日本中を歓喜の渦にしてくれましたね。

さて、強豪スコットランに勝利した要因はいくつかあったと思います。

今回はその中でも技術面で今まであまり見られなかった『オフロードパス』について取り上げたいと思います。

それにしても、4連続のオフロードパスはものの見事に決まりましたね。

最後にトライを決めたのがスクラムが専門である稲垣啓太選手だったのが、特に感動を呼びました。

代表初トライだったようですね。

『オフロードパス』のココが凄い!

相手にタックルされて倒されながら、味方にパスを出すなんて格好良すぎでしたね。

この『オフロードパス』ですが、技術的に難易度が高いため【強者が使う戦略】とも言われます。

この『オフロードパス』は、日本の早いパス回しに推進力をもたらして、大きな武器になります。

日本のオフロードパスを見て「まるでオールブラックスを見ているようだ」

と声が上がったほどでした。

『オフロードパス』の難易度を上げている理由がいくつかありますのでご紹介します。

《オフロードパスを成功させるには》

①体幹の強さとボディバランス

②周りの状況を見てベストな選択肢を瞬時に判断できる能力

味方が取りやすい正確な素早いパスを出す技術

④「必ず味方がそこにいる」という信頼感

この4つのうち、1つでも欠けると成功しないパスです。

さらに、難易度が高い理由は他にもあります。

『オフロードパス』をやろうとすると、反則を犯す可能性が高くなるのでコーチ陣は戦術として使いにくいプレーです。

その反則とは、

・ノットリリース(タックルで倒されたらすぐボールを離さなければ反則)

・スローフォワード(前方の味方にパスしたら反則)

この2つです。

そのため『オフロードパス』をするシチュエーションが生まれたとしても、本来なら簡単には選択できない戦術なんです。

『オフロードパス』をやろうとしてこれらの反則を犯した場合、逆に相手に攻め込まれる隙をつくってしまいますからね。

高い技術と仲間を信頼する気持ち、リスクを負う覚悟が揃って初めて選択できる方法と言えそうです。

日本がスコットランドで見せた『オフロードパス』はお手本だった

成功させることが難しい『オフロードパス』ですが、スコットランド戦で日本が見せた『オフロードパス』は、正にお手本のようだったという評価が多いようです。

今後、この『オフロードパス』が日本の大きな武器になるのは間違いありません。

「日本にはオフロードパスがあるぞ!」

と警戒している相手の裏をかいて別の作戦を実行すれば、さらに得点チャンスが広がるハズです。

手の内はいくつもあった方が絶対に有利です。

日本の1プレーが大々的にメディアで取り上げられたことで、他国はきっと意識しますね

戦術的に選択肢が増えたという点で、大きな収穫のあったプレーだったと思います。

日本の最大の武器は『忍耐力』と『結束力』

日本の本当のすごさは『オフロードパス』ではありません。

他国が真似できない日本の最大の武器は、忍耐力結束力です。

日本チームが全員1つとなって長期間のハードワークに耐え、ジョーンズコーチの作戦に従い忠実に作戦を遂行するだけの忍耐力と結束力が日本にはあります。

決勝トーナメントに進むチームは全てが強豪国ですが、日本ほど強い結束力で全員が一糸乱れぬプレーをするチームは他にあるでしょうか?

スクラムも良い例です。

一昔前の日本はスクラムから崩されて失点する場面がかなり多かったんです。

体重や腕力など日本は他国より弱かったので、どうしてもスクラムは不利だったんですね。

それが今や、キックかスクラムを日本が選択できる場面で、強豪国が相手でもスクラムを選択して相手を押し込むのですから…

以前の日本を知る人はきっと感激しながら試合を観てると思います。

体重やパワーのハンデがあっても「圧倒的な練習量」で弱点であったスクラムを克服し、むしろ「強み」に変えました。

「頑丈な体」と「高度な技術」を身につけたのも、ハードワークのたまものです。

今の日本なら、世界のどの強豪と戦っても良い勝負ができます。

勝負は時の運もあるので断定できませんが、もしかして…

今大会、優勝する!?

と思い始めてるのは筆者だけではないと思います。

日本代表のプレーが日本全土に勇気と誇りを与える

今大会を通じて日本の強さとフェアプレー精神、何よりラグビーの面白さに気付いた人が多いと思います。

今までどちらかというとマイナーなスポーツだったのが、ここまで日本を盛り上げて感動を届けるスポーツは他にあったでしょうか?

未来を担う子供たちの多くも試合を楽しんで観戦しているのも将来に期待をもてますね。

スクラムだったりオフロードパスだったりと、ファンをいつも驚かせてくれる日本代表ですがこの後の試合も見所が満載です!

まずは決勝トーナメント1戦目、10/20の【南アフリカ戦】が迫ってます。

相手も100%本気で来るでしょうから、

「これぞラグビー!」

という戦いを観てみんなで応援しましょう!



【DAZN】初月1ヶ月無料お試し