40代の悩み・生き方

育毛剤で薄毛の進行をストップした40代男性/行動してこそ道がひらける

私は40代で薄毛になりました。

気付いたきっかけは、【髪全体がバラバラと抜け始めた】ことです。

巷で言われる「薄毛対策」もいくつかやってみたのですが、その一つに頭皮マッサージがあります。

当時、「血行を良くする」と言われていたので毎日、シャンプーする際、せっせとやりました。

他には育毛剤を試してみました。

これは前述した「頭皮マッサージ」が2ヶ月やっても効果が感じられなかったからです。

育毛剤は当時、CMでも流れていた商品で知名度はそれなりに高かったと思います。

私がその商品を選んだ理由は、やはり「有名だから」安心感があったからです。

さて、じゃあこの「育毛剤が効果があったのか!?」と聞かれると、少し困ってしまいます。

毛髪は数えることはできませんし、そんなに何度も髪の写真を撮ることもしていないからです。

敢えて言えば、「少しは増えた…ような気がする」といった微妙なラインでした。

ただ、言えることは「はっきり増えはしないけど、薄毛の進行はゆっくりになった」ということです。

まあ、改善はしなくとも、薄毛の進行を止めたワケですから、効果はあったのでしょう。

しかし、【豊かな髪】という概念は私の中では消え去りました。

さようなら私の髪…。

薄毛に悩んでからというもの、毎日のように薄毛を治す方法を調べていました。

必死だったので薄毛の友人や知人、親戚にまで良い対策がないか片っ端から聞きました。

 

今思えば、唐突で失礼な質問だな…と思いますが、当時はそれだけ心に余裕がなかったかもしれません。

自分をさらけ出して聞き込みしていたおかげで、意気投合して仲良くなった人が何人かいます。

【同じ苦しみを持つ同士】として、最初から親近感があったワケですが、《一生の友人を得た》と思える人と出会えたのは幸せです。

正に「薄毛繋がり」とでも言いましょうか。

その後もちょっとしたサークルに入って薄毛の悩みを話したところ、同じ悩みを共有する友人が意外に多いことに驚きました。

薄毛になって付き合う友人の幅が広がったので、良い事もあったのです。

 

「育毛剤」を使い始めてから今も、抜け毛も減りました。

結論としては、育毛剤を使ってから

《育毛剤を使ったメリット》

・薄毛の進行が止った

・新しい友人ができた

上記の2つがメリットだと感じています。

最終的には薄毛が止ったので、このまましばらく使い続けると思います。